女性

ジェネリック医薬品のデメリットとは?

価格が安く、薬代の節約ができるジェネリック医薬品ですが、そもそも先発薬と比べて手に入りにくいデメリットがあります。また先発薬とまったく同じ薬ではない、ということも認識しておきたいところです。


すべての薬局で手に入るわけではない

日本でもジェネリック普及の波がやって来てはいますが、まだまだ「どの薬局でも簡単に手に入る」とまでは至っていないのが現状です。すべての病院がジェネリック医薬品を処方してくれるわけではありませんし、扱っているかどうかも薬局により異なります。

理由の1つとしては、ジェネリックに懐疑的な医師が多くいることです。成分は同じでも、添加物や製法の微妙な違いによる効果の差を問題視する医師は多く、ジェネリックを処方するかどうかは医師の考え方に左右されます。

ただし近年、処方箋の様式が変わり、「後発品への変更不可」という欄に医師のサインがなければ、薬局のほうでジェネリック品を提案できるようになりました。これによって、ジェネリックへの切り替えも倍近くに増えたといわれています。

また薬局側の問題もあります。薬局に常備しておける医薬品の数には限りがあり、すべての薬において先発薬と後発薬を両方そろえるのは難しいのが実情です。医薬品は、成分だけでも約3000種類あり、それを用いた薬剤をすべて合わせれば10,000を越えるとされています。 薬局の規模にもよりますが、ジェネリック品を充実させられるだけの物理的な余裕がないことも多く、ブランド品である先発薬が優先的に置かれる傾向にあるのです。


商品によって微妙な差がある?

ジェネリック医薬品は、先発薬と同じ成分を同じだけ配合しており、その効果においても一定の検査がおこなわれています。しかし製法や添加物が異なれば「まったく同じ薬」とはいえません。 たとえばコーティングの方法が変わると、薬が溶け出すスピードも若干異なってくることから、薬が効きすぎたり、もしくは効き目が遅かったりといった差が出てくることもあり得ます。

つまりメーカーによって、薬の品質や効果に違いがあるというのが、ジェネリック懐疑派の医師たちの総意であり、安定した先発薬を好んで処方したがるようです。

有効成分に関しても、「生物学的同等性試験」において、先発薬とほぼ同じ効能があることは確認されているのですが、実際は薬の血中濃度などに違いがある、とする報告が幾度か報告されています。 もちろんすべてのジェネリック品ではありませんが、そのような「商品による微妙な違い」を懸念する声は後を絶たず、ジェネリックの普及に歯止めをかけています。

患者さん自身も、ジェネリックと先発薬は同一の薬ではないことを認識し、また自分の希望するジェネリック品についての情報を集めることも大切といえそうです。