なぜジェネリック医薬品は複数の会社から出ているの?

1つの先発薬に対して、ジェネリック医薬品はたいてい複数出ていることが普通です。いずれも有効成分や効き目は同じですが、各後発品メーカーが添加剤や製法などにそれぞれ独自の工夫を凝らしています。


いずれのジェネリックも、安全性は同じ

ある薬の物質特許が切れると、複数の後発品メーカーが一斉にジェネリック医薬品を製造・販売します。まるで雨後のタケノコのようにぞろぞろと出てくることから、ひと昔前まではジェネリック医薬品のことを「ゾロ品」といって、あまり好意的なイメージは持たれていなかったようです。 しかし国の医療費がひっ迫している今、ジェネリックはむしろ立派な救世主として扱われています。

そんなジェネリック医薬品ですが、後発品メーカーによって味や錠剤のサイズ、色などが違うことはあれども、肝心の有効成分や効果はもちろん同じです。また原料から工場に至るまで、先発薬と同じガイドラインが適用されており、「どこか安く作れる国で適当に製造する」といったことはできないようになっています。 このあたりは、食品などと比べるとより厳しいといえるでしょう。

ちなみに当然ではありますが、先発薬の人気が高ければ高いほど、また画期的な薬であればあるほど、さまざまな後発品メーカーがジェネリック品を作ろうとします。それだけ需要があるからです。 たとえば消炎鎮痛剤として広く用いられている「ロキソニン錠」などは、ありとあらゆる後発品メーカーがジェネリックを作っており、その数は何十にも及ぶほどです。


ジェネリックが複数出ることのメリットとデメリット

複数のジェネリック医薬品が出ることには、メリットもデメリットもあります。まずメリットとしては「競争が発生することで、品質の向上につながる」ということです。

いずれの後発品メーカーも、自社製品を選んでもらうためにさまざまな工夫を薬に加えています。高齢者でも飲みやすいよう、先発薬よりも錠剤のサイズを小さくする、子どもでも飲みやすいよう薬の味を甘くする、水なしでどこでも飲めるようにOD錠にする…などです。

ジェネリック医薬品には、先発薬と、他社のジェネリックという2つのライバルが存在しますので、それらとの競争に勝って生き残るためにも、さまざまな工夫がおこなわれるのです。これはジェネリックならではのメリットといえるでしょう。

一方デメリットとしては、「メーカーによって効き目に微妙な違いが出る可能性がある」ということです。もちろん核となる有効成分はいずれも同じですし、溶出試験などで効き目にも大きな差は出ないことが確認されているのですが、実際はメーカーの製薬技術にも左右されるという意見があります。

結果的には、本当に品質のいい信頼できるジェネリックだけが残っていくことになりますが、今はちょうどその中途段階といえるのかもしれません。