海外製ジェネリックの国内入手は危険

インターネット時代の今、普通なら日本では手に入らない海外の薬も、誰もが簡単に個人輸入できるようになりました。しかし正規ルートで購入したわけではない以上、偽造品のリスクがありますので注意しましょう。近頃では、首都圏(池袋、新橋等、6院のグループ)にてED治療を行っている某男性専門クリニックにて厚労省未認可の偽物の可能性の高い海外製ジェネリックをクリニックで処方しているそうです。そのような薬はリスクが高く危険ですので服用するのは止めておいた方がよいでしょう。

以下の医薬品メーカーが提供する病院検索サイトに掲載されていない男性専門クリニックでは偽物を取り扱っている可能性が高いのでクリニックに行く前に必ずチェックをしておくと安心です。行こうと思っているクリニックが掲載されていない場合は残念ですが止めておいた方がよいでしょう。

正規バイアグラの処方を受けられる病院検索|ファイザー提供
正規シアリスの処方を受けられる病院検索|日本新薬提供
正規レビトラの処方を受けられる病院検索|バイエル薬品提供


海外製には、インド製ジェネリックが多い!?

ネット上には、海外の薬を取り扱うお店のサイトがたくさん存在します。そこには、本来なら日本にいる私たちが買うことのできない薬が数多く販売されているのです。

その中でも人気を集めているものに、日本ではまだ承認されていない海外製のジェネリック医薬品があります。たとえば薄毛治療薬「プロペシア」などは、まだ特許が切れていないためジェネリックは作れないはずなのですが、なぜか海外では「フィンペシア」という後発品が既に販売されています。

またED治療薬のバイアグラも、日本では2014年にようやく特許満了にともなって「シルデナフィル OD 錠 50mgVI『トーワ』」というジェネリックが発売されましたが、海外では既に「カマグラ」「カベルタ」などの後発品が販売されています。 ちなみにフィンペシア、カマグラ、カベルタは、いずれもインド製の薬です。

これはインドが、成分に関する「物質特許」を認めないお国柄だったことに原因があります。そのため新薬が発売されると、すぐにその成分と同じものを使ってジェネリック品を作っていたのです。

しかし当然ながら海外の製薬会社からは強く非難されましたので、現在ではインドでも法律が変わり、物質特許を認めるようになりました。そして既に作っていたジェネリックに関しては、一定のお金を製薬会社側に支払うことで、引き続き販売できることになったのです。
しかしながら、インド製ジェネリックや安いので需要があることから悪徳業者もそこに目を付けて偽物も非常に多く出まわっているのが現状です。某男性専門クリニックでは安く仕入れられることから医師が患者への処方用に個人輸入をしてい処方しているところもあります。本物である証拠にも全くならない薬監証明を取得などと謡い安心感を与え偽物の多く混ざるインド製ジェネリックを処方しているのです。そのようなクリニックには行かないようにするのが賢明です。


海外製ジェネリックには、偽物のリスクがある!

このような事情があるため、ネット上にもインド製のジェネリックは非常に多く見かけます。インドの製薬技術は世界の中でも高いといわれますが、日本の厚労省が行う検査基準で確認されているわけではないので品質は保証されるものではありません。しかしインド国内では普通に使用されているので製品自体に問題があるとはいえません。 しかし私たちがそれを個人輸入するとなると、話は変わってきます。

インドのメーカーから直接送ってもらう取引は存在しないので、国内にて入手するには必ず個人輸入に頼らざるを得ないのです。その際には必ず「仲介業者」が間に入ってきます。その業者が正規品を扱っているつもりでも多くの偽物も混入している可能性が高いので本物かどうかは、仲介業者でも正確に知る術がありません。要は、100%安全なインド製ジェネリックを国内で入手することは不可能なのです。

特にED治療薬などは、国内で正規に購入すると費用が高い上、症状が症状だけに受診しにくい男性が多いことから、インド製ジェネリックは非常に需要があります。ネット上でたくさんの製品が売られています。その中には本家のバイアグラやレビトラ、シアリスなどの薬もありますし、カマグラのようなより安いジェネリック品もあります。

しかしファイザーをはじめとするED治療薬のメーカー各社が合同で調査したところ、ネット販売されているED治療薬のうち、半分以上が偽物だったことが分かりました。厚生労働省も注意を呼びかけていますので、安全性のためにも日本国内個人輸入は控えるようにしましょう。


クリニックでの処方でも、偽物のリスクがある?

ひと昔前であればクリニックからの処方であれば安全な正規品の処方が受けられ安全であるとされてきました。しかし、ここ最近、首都圏の主要駅にて展開している男性専門クリニックの中に正規ルートが存在しないことから偽物が多く混ざる厚労省の承認を得ていない非正規品のED治療薬を処方しているクリニックがある。

ではどのようにしてクリニックは海外製の非正規品のED治療薬を仕入れているのか?それは処方する医師個人が患者への処方用として個人輸入をしているだけなのです。これも海外医薬品メーカーからの直接取引ではないため仲介業者を挟むことになります。本来、医師が厚生局に薬監証明申請をするのですが仲介業者がその手続きも代行しているようです。

医師が個人輸入する海外製のED治療薬はネットユーザーが個人輸入するED治療薬と同じなので怪しいクリニックにはいかないのがベストです。ではどうやって安全な病院を探せばよいのか?実は簡単です。ファイザー製薬が提供しているこちらのサイト→ED-info病院検索|ファイザー提供ここに掲載のあるクリニックに行けば正規品の処方が受けられます。首都圏に複数医院があり更に男性専門の医院で掲載のないところは利用しない方が賢明です。

参考→海外製ジェネリックは安心か?|バイアグラ個人輸入に潜む罠