ジェネリック医薬品は、本当に安全?

国が全力で推進しているジェネリック医薬品ですが、患者さんの中には「本当に安全なの?」という不安が残る人もいると思われます。しかしジェネリックも薬である以上、その原料や効果については厳しいルールが課せられていますので、先発薬にはない副作用が起こるような可能性はまずありません。


ジェネリックの安全性は、先発薬と同じ!

ジェネリック医薬品と聞くと、何となくスーパーが出している自社ブランドの商品のように感じてしまう人も多いようです。つまり「先発薬はきちんとした大手の製薬会社が、お金をかけて作っているけれど、ジェネリックは聞いたこともないようなメーカーが真似して安く作っている」…というようなイメージだと思います。

しかしジェネリックといえども、実際に患者さんの体に使われる医薬品ですから、決して適当に作ることは許されていません。たとえば薬のもととなる原料についても、先発薬と同じガイドラインが適用されており、粗悪なものを使えないようになっています。

また薬の溶け出し方についても、「生物学的同等性試験」においてきちんと確認されているため、異様に速く溶け出して危険というようなことはあり得ません。

ちなみにジェネリックに懐疑的な人の意見として、「毒性試験などの安全性を確かめるための検査がおこなわれていない」というものがあります。しかしジェネリック医薬品は、核となる有効成分が先発薬とまったく同じですので、先発薬にない副作用が出ることはない、というのが基本的な考え方です。

先発薬と異なるのは、おもに添加剤のほうですが、これはジェネリックでなくとも変更がよく加えられる部分です。つまり先発薬であっても、「有効成分はそのままで、添加剤を変える」ということは普通におこなわれており、その場合にはジェネリックと同じ試験をすることになっています。つまり毒性試験は免除されるということです。

もしも添加剤を変えただけで安全性が揺らぐのだとすれば、このようなシステムにはなっていないでしょう。


ジェネリックは「安かろう悪かろう」ではない!

つまりジェネリック医薬品は後発品メーカーが見よう見まねで作った薬などではなく、ある程度の長い期間使われてきた先発薬と同じ成分を使った、安全な薬ということになります。また「飲みやすい味にする」など添加剤に独自の工夫を加えることで、先発薬にはないメリットもつけることが可能なのです。

ちなみにジェネリックの値段が安いのは、粗悪な原料を使って適当に作ったからではなく、先発薬にならって作るために開発費用を大きく抑えることができるからです。 新薬の開発は、気の遠くなるような候補物質の中から原料を探すことに始まり、その後も複数の臨床試験をおこなって取捨選択をしていきますので、期間も費用も莫大にかかることが普通です。しかしジェネリックでは、肝心の有効成分が既に決まっている状態で作られますから、新薬と比べればリーズナブルに開発ができます。

まずは不安になりすぎず、1度ジェネリックを使ってみてはいかがでしょうか?