なぜ薬局でジェネリックを勧められるのか?

国が推進しているジェネリック医薬品普及ですが、その大きな役割を担っているのは調剤薬局ではないでしょうか。

医療費が安く抑えられるメリットがあり、さらに薬局から熱心に勧められれば、誰しもジェネリック医薬品に変更するのではないでしょうか。


薬局の事情とは

薬局がジェネリック医薬品を熱心に勧める理由は、ジェネリック医薬品を推進しなければ経営が苦しくなるということもあるようです。 ジェネリック医薬品が推進されはじめた初期には、薬局がジェネリック医薬品をお勧めした場合には、多めに基本料を請求できるシステムだったようです。

しかし、診療システムの改定に伴い、基本料は減額され、ジェネリック医薬品をお勧めした場合の加算が増額されたため、合算すれば同じなのですが、お勧めしなければ経営が成り立たない可能性が出てきたのです。 このため、薬局では熱心にジェネリック医薬品をお勧めするようになったようです。


薬局の基本料の考え方

薬局が一定数以上のジェネリック医薬品を使用した場合、薬局では通常より多くの基本料金を患者さんから徴収できるようになります。 この加算は、ジェネリック医薬品を処方した患者さんだけでなく、薬局に来たすべての患者さんから追加料金を取れるため、あるとないとでは薬局の利益は大きな違いが出るのです。

また、薬価差益による収入も大きくなります。 薬価差益とは、仕入れた値段と渡した値段の差のことです。 薬の価格は国が決めるのですが、ジェネリック医薬品では一般的に仕入れ価格と薬の価格の差が大きく設定されており、販売するごとに利益が薬局に入る仕組みとなっています。 なお、先発薬ではこの利益が出にくいように調整されており、このために薬局では熱心にジェネリック医薬品を勧める側面もあるようです。


無理に勧められることは少ない

このように薬局ではジェネリック医薬品を勧めると良いことがあるのですが、だからといって必ずしも利益第一に勧めるものでもないようです。

いくら加算が取れるからといって、患者さんに不利益をもたらすようなことはありません。もしもそういう薬局に当たってしまったのなら、違う薬局へ変更するのも良いでしょう。 薬局側では、ジェネリックを無理に勧めない種類の薬も存在します。

たとえば、先発薬の価格が低く、ジェネリックに変更しても1日あたり10円程度しか金額が変わらない、といった場合は、ジェネリックに変更することで起きうる違和感を我慢するくらいであれば、先発薬をこのまま使い続けた方が良いと判断し、無理に勧めないといった線引きがあるようです。

また、湿布薬や目薬など、薬効だけでなく、その使用感が重要な外用薬も、無理に進められることは少ないようです。 また、抗うつ剤など、精神科にかかる薬は、一般に患者さんが薬を変更することで強い不安を持ちやすく、その不安により症状を悪化させる可能性もあるため、勧めることはないようです。

薬局も商売ですから、積極的に稼ぎたい気持ちがあるのは当然です。 しかし、上記のような場合でも強くジェネリックを勧められる薬局は、少し問題があるかもしれません。 患者側も、最低限の知識を持つことは、今後ますます重要となるのではないでしょうか。